エコワークスでは、低炭素住宅(LowCarbonHouse)の商品開発を積極的に進めて行く方針です。

従来はOMソーラーというシステム提案でしたが、これからは複合的な提案を行ってまいります。

今週、見学会を開催させて頂いたH様邸では、OMソーラー+オール蛍光灯という提案をご採用いただきました。見学会は二日間で総来場171組という過去最高のご来場を頂き、本当にありがとうございました。皆様のご関心の高まりを感じます。

見学会風景


H様邸では、照明に、白熱灯を一切使用せずに全て蛍光灯を採用し、家一軒の照明を点灯させたとしても約800ワット(W)しか電力を消費しません。松下電工の試算では、白熱灯中心の照明計画では総ワット(W)数は、約2000Wになり、一年間のトータルの二酸化炭素排出量はなの約0.8トンもの差が出ます。

白熱灯は、くつろいだ雰囲気を演出してくれますし、光源が直線的ですので光の影が空間に深みや立体感を醸し出してくれます。それらの長所を踏まえた上でも、温暖化対策という待った無しの状況において諸外国では白熱灯生産禁止へ勇気ある一歩を既に踏み出しているのです。
(小生の昨年のブログもご参照下さい)

ニュースリリース
低炭素住宅コンセプトのご説明

エコワークスでは、日本での議論の高まりを期待して、昨日ニュースリリースを行いました。当日は、マスコミ関係では、朝日新聞、熊本経済から、またNPO関係ではくまもと温暖化対策推進センター、九州環境パートナーシップからお見え頂き、誠に有難うございました。












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://ecoworks.blog60.fc2.com/tb.php/369-9d6f71df