無農薬有機栽培のお茶園
無農薬有機栽培のお茶畑にて

先週の水曜日、球磨郡錦町で無農薬有機栽培のお茶園経営に取り組むH様のお茶畑に立ち寄る機会がありました。人と地球に優しい住まいづくりを目指す私としては、同じ価値観でものづくりに取り組まれる方々の生き方に大きな共感を覚えます。

生産者H様のメッセージの抜粋です。

「有機農法で栽培して15年目に、やっと昔ながらの美味しいお茶がとれるようになりました。一般の栽培よりはるかに手のかかる栽培方法で作られたからこそ、環境にやさしく、そして体にもやさしい、貴重なお茶をお届けします。 」

「土壌環境改善に取り組み農地の深耕改良をして15年、化学肥料を排除して完熟堆肥、魚粉など用いて土壌中の有効微生物の増殖を促進させ、良質な有機質土壌に改善したために除草剤が不要となりました。また、樹体の強化がはかられたことで耐病性が高まると同時に無農薬のため、クモや蜂、テントウ虫も増え、年間を通じて安定した良質のオーガニック緑茶がやっと生産することができるようになりました。」

無農薬有機栽培の困難さは聞いた事がありますが、15年という期間のご努力にただただ畏敬の念を禁じえません。想像を絶する執念で道を切り開いてこられたのだと思います。

お茶畑で偶然に、H様のお父様である創業者(77歳)からお話をお聞きする事が出来ました。

お聞きすると、H様父上は、熊本県の有機栽培の草分け的な方で40年前から有機の世界を研究してこられたとの事。本当に、恐れ入りました。

H様父上から、「ものづくりは本物を作らないかん。建築も一緒だよ。」というお言葉を頂きました。

先達の言葉には重みがあります。その意味を真摯に受け止めて住まいづくりに活かして行きたいと念じたお茶畑訪問でした。

エコワークスでは4月からこちらのお茶をお出しいたしますのでどうぞご賞味下さい。
参考までに購入先はこちら。→BeauteaCafe












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://ecoworks.blog60.fc2.com/tb.php/370-ebd3f29d