エコクールのぼり
エコクールのPRのぼり

OMソーラー会員社の中で今年全国デビューを果たしたエコクールですが、一般のお客様へのPRはこれからとなります。そこで、PRのためにのぼりを作成することとなり、今日、デザインが決定しましたので紹介いたします。(皆さんからのご意見もお待ちしています!)

エコクールシステムとは、夏を涼しく過ごす為の建築技術の組み合わせの総称です。その構成要素として、次の5点があります。これらを全部が必要という事でなく、全部又は一部の組み合わせがエコクールシステムと定義しています。

地冷熱を利用した採涼換気システムDOMAクール

セルロースファイバーによる高断熱化(熱損失係数Q値の大幅逓減)

エコガラスによる日射遮蔽と遮熱シートによる屋根裏遮熱により熱の室内流入を防止

吹抜けを利用した通風計画

⑤調湿性のある自然素材多用による低湿化(珪藻土、和紙、無垢材、セルロースファイバーetc)

皆さんはどのような建築技術にご興味をお持ちでしょうか?

ちなみに②③をともにご採用頂きますと住宅の断熱性能を示す値である熱損失係数(Q値)は概ね2.4(W/㎡K)前後となり、次世代省エネルギー基準の2.7(Ⅳ地域)をクリアしています。現在主流となっている新省エネ基準対応の家のQ値4.2以下と比較すると建物の断熱性能はおよそ2倍となっています。このことは、夏涼しく、冬暖かく住まうことの定量的な比較の目安となります。住宅の断熱性能は、断熱材の種類やサッシの種類で比較するのでなく、Q値で比較するのが最も客観的な指標です。

さらに①のDOMAクールで冷やして換気するという新技術で、一般住宅よりは数度も室温が低下します(当社実測による)。夏の猛暑期の数度は大きいものがあります。猛暑期、一般住宅では外部の35℃位の熱気が直接に室内に流入して換気がなされますが、DOMAクールでは、35℃位の熱気は、28℃前後に冷やされて室内に流入してきます。夏でも床下の土間(DOMA)は冷たいことを利用した自然エネルギー利用の換気システムです。エアコン嫌いな方にはうってつけのシステムです。

詳しくは、弊社の住まい教室「エコハウスセミナー」にて。勉強熱心なあなたのご参加を心よりお待ちしています。












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://ecoworks.blog60.fc2.com/tb.php/420-cf95584f