FC2ブログ


秋野先生勉強会
新産住拓本社会議室にて勉強会

またまた勉強会です。

昨日、新産グループにて講師に秋野弁護士(住宅業界トップの法律家)をお招きして、住宅瑕疵担保履行法の勉強会が開催されました。

来年からの話ではありますが、ご参考までに紹介します。概要は次の通りです。

1)住宅会社は、構造上の主要な部分や雨漏りしないことについて10年間の瑕疵担保責任を負って
  いますが、住宅会社が倒産したりするとこの責任が履行されないことから、新築時に同責任を
  担保する為の保険加入又は供託が義務付けられます。

2)本法は、来年の平成21年10月以降の引渡しの物件から義務となります。

数年前に姉歯建築士の事件が世間を騒がせ、その結果、関連する建築業者が軒並み倒産したことにより、瑕疵担保責任が有名無実化することが大きな社会的な問題になったことから、保険制度として消費者を守ろうということになったわけです。

これまでは住宅業界よりの政策でしたが、今は消費者庁の設立が予定されるなど、お客様を守る法律へどんどんシフトしています。

私どもも法律以上にお客様目線で仕事をして行きたいと強く念じています。万一、弊社のお客様で、お客様目線で何かご納得出来ないことがございましたら、遠慮なく、担当者もしくは私にご相談いただければ幸いでございます。

秋野先生からの最後の5分のメッセージが印象的でした。

概略ですが・・・住宅業界をとりまく法律で、次に検討されているのが省CO2です。いま補助金制度などで飴が充実してきていますが、その次に来るのは鞭です。飴と鞭は政治の基本パターンで、鞭というのは、炭素税です。省エネでない家庭(住宅)には炭素税の負担が大きくなるような社会制度に向けて法律の検討が進んでいます・・・という主旨でした。

炭素税について明日のブログで私見を述べさせて頂きたいと思っています。












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://ecoworks.blog60.fc2.com/tb.php/428-099a1a93