KIZUKI
映画「KIZUKI」プロデューサー内田氏の講演会(OM全国大会にて)

OM全国大会の二日目のスケジュールの一つに映画「KIZUKI」の発起人の代表的存在の内田氏の講演会がありました。内田氏はもともとは保険会社に勤めていて退職後雑穀の販売の会社を設立し農と食と暮らしをテーマに仕事をされている久留米のベストアメニティという会社の社長さんです。

地球温暖化が農業に与える深刻な影響という観点から、温暖化問題に興味を持たれ色々な方との出会いから今回の映画の発起人となられたそうです。その行動力には感服です。

映画は、地球を救うことの必要性を、10歳の女の子の視点から描いていて、中村朋子さんや鶴見辰吾さん、奈美悦子さんら、有名な俳優さん女優さんが半分ボランティアで出演されています。昨年、ゴア氏が不都合な真実を世界的に上映し、多くの方の問題意識を高めましたが、久留米発のこの映画も日本国内で大きな反響を呼ぶに違いありません。

実は、エコワークスでも一ヶ月位前に、賛同会社として有志で賛同金を集め贈りました。「地球を救う10万人」と題して賛同金を集まられており、賛同された方は全ての方のお名前が記録に残ります。

ご興味をもたれた方は、是非、次のHPをご覧下さい。

映画「KIZUKI」の賛同者申込はこちら。

地球温暖化対策といっても何から始めたら良いか分からないという方が多いと思いますが、まずは賛同者となり、映画「KIZUKI」のDVDが送られて来ましたら、それを家族で見ることから始めてみませんか?

私も家族で視聴し、どんな「KIZUKI」を得たかを話し合ってみたいと思います。

話のレベルは全く違いますが、内田氏の後、OM会員さん有志による技術開発ワークショップの年間活動を発表する機会を得て15分ほどお話させて頂きました。地球温暖化対策が緊急課題となる中で、住宅の省エネという観点からOMソーラーの社会的役割を果して行きたいと思います。

OM発表
発表中の私












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://ecoworks.blog60.fc2.com/tb.php/435-1f87ca27