キャンドルライト
消灯中のセブンイレブンの看板

7/7昨日は、キャンドルナイトのキャンペーンの最終日でしたね。セブンイレブンでは、店舗の灯りは普通についていましたが、道路際の看板は写真の通り、消灯されていました。

一つ一つの小さい行動が始まっていることを実感します。

キャンドルナイトの詳しい内容はこちら!

自宅に帰ってから電気を消して回りました。結構無駄な所の電灯がつけっぱなしになっている事に改めて気付きます。毎日の電力消費を実感するために、省エネナビという機械を取り付けようかと思案しています。

さて、本題です。

今日、洞爺湖サミットG8の温暖化対策についての合意が発表されました。

「2050年までに世界全体で温室効果ガスを少なくとも半減させる長期目標について「気候変動枠組み条約の全締約国と共有し、採択することを求める」

一方、これに対し中印など新興5カ国は反発し、「半減という目標を発展途上国にも求めるのは不公平。先進国は半減ではなく、80~95%の削減を目指すべき。」という主旨の声明を発表しました。立場が変われば、見解も異なり、それぞれの意見について理解が出来ますが、削減しないといけないという認識は世界共通のものです。

いずれにしても、米国のブッシュ政権が交代すれば、米国の政策の大転換が予想され、来年になれば先進国を中心に大きく議論が進むと言われいます。そうなった時に出遅れないように日本も今から未来を見据えて産業政策を推し進めるべき状況です。

50%でも、95%でもエコワークスの社会的使命は同じです。信念を持って取り組んで参ります。皆様のご支援を何卒宜しくお願い申し上げます。

明日から済生会病院の人間ドッグなので今日はこの辺で。健康管理・体重管理の状況について臨時投稿いたしますね。

お休みなさい。












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://ecoworks.blog60.fc2.com/tb.php/438-9bdb09b0