若手大工さんとの懇親会
若手大工さんとの交流会

過日、新産住拓主催にて、新産グループ若手大工さんとの懇親会が開催されました。若手と言っても、40歳以下という基準でお声がけし、総勢50名ほどのメンバーが集まりました。会社からは工事系の幹部職員が出席し、酒を酌み交わしながらの意見交換で大いに盛り上がりました。

現場での問題点やプレイベートな相談などを含めて、多岐にわたり話が出て、2次会、3次会と流れ、解散は久しぶりの午前様でした。

一軒の住宅を建築するために、現場には数十名の職人さんが出入りしますが、その中心が大工さんです。職人さんの技能とモラルを維持し高めていくことが、「お客様満足」と「会社の発展」の基盤となります。

新産グループの職人さんには、20年、30年と本当に長きにわたってご支援いただいている方が多数おられます。大工さん以外の職種の方を含めますと、数十名おられます。有難いことです。職人さんの仲間内では、「新産で仕事が勤まるなら他所はどこに行っても勤まる」と言われており、新産の仕事をしていると相応のレベルと認められて他所の会社との新規取引が非常にしやすいとも聞いたことがあります。

これらの信用は一朝一夕に作られるものではなく、長年かけて先輩たちが築いてこられた伝統であり財産です。その財産を未来にむけて引き継げるよう、今の時代のバトンを持っている私たちは信用をさらに蓄積できるよう真剣に精励しなければなりません。

そんな想いで、若手大工さんと語らった一夜でした。

皆とともに先頭に立って頑張ります!












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://ecoworks.blog60.fc2.com/tb.php/453-8eaec22c