今日はお詫びの報告です。

弊社では、アフターサービスの一環で、ご入居後およそ3ヵ月後、1年後、2年後、3年後、10年後に定期点検を行っております。また10年以降は別途規定により、30年保証システム(有料メンテナンス条件付き)をご提供いたしております。

ちなみに、弊社の特徴の一つですが、ご入居後3ヶ月後は、私が自ら全棟回らせて頂いております。全てのお客様のご満足のレベルを自ら確認し、万が一にもご不満が残らないよう万全を期したいというのが目的です。

さて、今日の報告は、定期点検からのトラブルです。

今年の春頃に定期点検を行ったお客様宅において、外壁の塗装の切れが数cm発生していた箇所があり、それに気づいたアフター担当者が、補修のお話をしていたにも関わらず、その後、会社の業務管理ミスでその後の補修が実施されずに放置されてしまった事が昨日判明しました。

訪問後、数か月が既に経過しており、先ほどお詫びに行って参りました。

さらに、重ねて申し訳ないのですが、もう一つお詫びを申し上げました。

「・・・誠に恐縮ですが、部位ごとに保証期間が決まっているのですが、その保証期間を超えた補修は有償になりますのでご理解を頂ければ幸いです・・・」

m(_ _)m

この場を借りて、重ね重ねお詫び申し上げますとともに、今後も長きにわたって適正なメンテナンスを維持出来るようサポートさせて頂く事をお約束したいと存じます。今後とも何卒宜しくお願い申し上げます。

(注)本ブログでは社長がお詫びにお伺いした案件については個人のプライバシーに影響しない範囲でブログで報告させて頂いております。真摯に反省し再発防止をしたいという願いです。主旨ご賢察頂ければ幸いです。

そういえば、点検の時に話しが出た外壁の目地の塗装割れの補修はまだのような…

2008.09.12 17:51 URL | sotomu~ #eHMgX5i6 [ 編集 ]

ご連絡有難うございます。状況を確認しただちに対応させて頂きます。どうぞ宜しくお願いします。

2008.09.12 19:37 URL | 小山貴史 #- [ 編集 ]












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://ecoworks.blog60.fc2.com/tb.php/466-45d14fbf