最近、設計事務所に住まいづくりを相談されている方が、エコワークスにも相談されるケースが増えています。偶然ですが、数件続きました。

住まいづくりのパートナーとして、設計事務所さん、大工さん、工務店さん、地元の住宅会社(ハウスビルダー)、全国大手の住宅メーカーetc色々と選択肢がありますが、それぞれに長短所があると思います。お客様によって向き不向きがあると思いますので、それぞれ良く検討されると良いと思います。

今回話題の設計事務所さんの長所は、主に二つあると思います。

まず、1点目は、その事務所の先生=建築家の個性です。お客様の嗜好が、その建築家の個性とぴったり合って相性が良い場合は、スムーズに進みます。しかしながら、建築家の方は先生と呼ばれるだけあって、あくまでも一般論ですが基本的には上から目線の方が多く、個性が強く、その点が色々な障害になるケースもあります。(そうでない先生方も多くいらっしゃいますが、行き過ぎた表現をお許し下さい。)

2点目は、設計と施工を分離することで、施工に対するきめ細かなチェック機能が働くということです。現場に足を運ぶ回数が多く、施工的な知識と経験が豊富な方であれば素晴らしいと思います。しかしながら、姉葉建築士の事件依頼、第三者検査機関(JIO日本住宅保証検査機構etc)の業務が極めて厳格に運用されるようになりましたので、施工のチェックは第三者検査機関に依頼をされて、チェックを受けると同時に、かつ欠陥住宅でないことの第三者保証も付随してくるという仕組みもあります。設計施工を一体として行っている会社に依頼される場合には、そういう第三者検査機関をご利用されることをお勧めします。

重ねて申し上げますと、住まいづくりには色々な方法論がございます。それぞれに長所がありますので、十分ご研究されてお客様にあったパートナーを選ばれることをお勧めします。

ちなみに、エコワークスは、Lohas(ロハス)な暮らしの価値観をお持ちのお客様にとってベストパートナーでありたいと願っています。どうぞ宜しくお願いします。

※Lohas=Lifestyles Of Health And Sustainability (健康や環境問題に関心の高い人々のライフスタイルのこと)












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://ecoworks.blog60.fc2.com/tb.php/493-c2e8e125