勉強会
サレックス勉強会(東京・錦糸町にて)

昨日まで東京出張しておりました。

用件の一つがサレックス主催の勉強会で、今回のテーマは、瑕疵担保責任保険です。

何だか難しい漢字が並ぶ保険で親しみがわきませんが、ご説明しますと、欠陥住宅でないことを第三者が保証するための保険です。姉歯建築士の耐震偽装事件のときに、施工したマンション業者が次から次へと倒産しました。業者は法律で、瑕疵(欠陥)を10年間は保証しないといけないのですが、その保証をする立場の人たちがいなくなってしまったわけで、法令の不備が社会問題となり、そのことに端を発して、法令の改正が検討され、瑕疵担保責任保険制度がスタートすることになりました。この秋に保険法人として5社が出揃い、実際の現場での運用体制が整いつつあります。

この保険は、来年の平成21年10月から引渡しの建物に義務化されます。しかしながら、エコワークスでは法令の施行に先駆けて、法の主旨である消費者保護の観点から、この10月以降の着工分は全棟をこの瑕疵担保責任保険の対象物件として工事をすることといたしました。あわせて地盤保証も全棟にて行います。
(エコワークスの通常の建物は、JIO(株式会社日本住宅保証検査機構)の保険を利用します。例外として、全建連の超長期住宅補助金交付申請の建物は、財団法人住宅保証機構の保険を利用します。)

ここで、瑕疵(かし)という言葉は日常的に使用しないので分かりにくいのですが、建築で言えば、欠陥住宅のことです。ここでいう、欠陥とは、1)雨漏れ、2)構造耐力上重要な部分の問題のことを言い、10年間の長期保証が建築業者に義務付けられていると同時に、その保証責任を保険でも担保するということになります。

なお、たとえばサッシの動きが硬くなってしまい使いづらいなどという問題は、瑕疵(欠陥)ではなく、不具合と位置づけられていて、短期保証1年ないし2年にて保証がなされます。

世の中は、どんどん消費者保護の方向へ向かっています。法令は必要最小限の社会制度ですから、法令の主旨を踏まえて、一歩先を行く価値をお客様に提供したいと願っています。












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://ecoworks.blog60.fc2.com/tb.php/495-b95eeef0