今日は水曜ですが臨時の経営雑感です。

今日、地元でも有名なナチュラルホームさんが自己破産を申請され経営破綻(倒産)しました。(公になっている情報なので敢えて実名でご紹介します)。同社は、自然素材系でデザイン性の高い家を手がけておられ、お客様の評判も良く、時々、同じお客様に対して競合することもある住宅会社さんでした。

ここから先は一般論としてお読み頂ければ幸いです。

自己破産とは民事再生と違って、会社を法的に整理するということで、会社の資産は破産管財人によって切り売りされ、それによって得られたお金は、まずは賃金等の優先債権に充当され、その後に銀行や仕入先等の一般債権者に按分して配分されます。一般債権者は、その殆どが回収できずに大きな損害を被ります。

一般債権者以上に被害を被るのが、建築中のお施主様です。建築中の家の工事はストップします。支払ったお金は殆ど戻ってきません。仮に出来高以上に支払っている金額があって戻ってくるお金があっても直ぐには戻ってきません。工事の再開は他の建築会社に依頼することになりますが、普通は、当初契約の金額以上の支払いが発生することになり経済的にも大損害です。

またアフターサービス(定期点検の無料分など)が出来なくなると言うことで、過去に建築されたお客様にも実質的な被害が及びます。

ここ数年の住宅業界では、全国大手メーカーでも産業再生機構の支援を受けたり、民事再生を申請したりする大きな事件もありました。また地域に根ざす住宅会社も栄枯盛衰は世の習いという状況です。

お施主様の立場を考えると、会社の表面的な魅力だけでなく、財務的な安定性も非常に重要な比較指標の一つになってきていると思います。

住宅会社の社会的使命の一つとして、永遠に事業を継続することがあげられます。経営の世界に「ゴーイングコンサーン」という言葉がありますが、企業は永遠の存続を前提に存在しています。(ゴーイングコンサーンの対極に、大航海時代の貿易事業は一航海ごとに成果配分してその事業は解散したという事業があります。)

エコワークスは、永遠の存続を真剣に目指しています。もちろん単なる存続ではなく、お客様にとって価値ある存続を目指しています。

その為に、お客様からのご要望、苦言、提案には心から耳を傾けて行きたいと思います。どうぞ遠慮なくご指導賜りますよう何卒宜しくお願い申し上げます。

(追伸)
エコワークスのお客様のご安心の為に、明日のブログで、弊社の平成20年9月期決算概要を公開いたします。どうぞ宜しくお願いします。

ナチュラルホームさんを利用して家を建てた物です。
とにかく、情報が少なく、困っていました。
突然のことだったのですが、わけもわからず、ニュースなどでも特に取り上げられず、破産を調査している会社の情報だけしか情報が無く、今後どうなるのかが心配でした。
すでに引渡しは完了しており、会社からの
アフターサービスが受けられないことだけは了解しました。
同業者としてこういった情報を提供いただけること感謝します。

2008.12.11 19:02 URL | ゆーいち #- [ 編集 ]

コメント有り難うございます。これ以上詳しいコメントをする立場に無いのですが、業界の経営者としてお客様のことを考えると他人事ではありません。お客様が住宅会社を選ばれる際に企業信用情報がもっと開示されその企業の安定性についても比較出来る社会制度や完成保証制度の普及が必要だと思っています。

2008.12.11 21:22 URL | 小山貴史 #- [ 編集 ]

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2008.12.19 18:27  | # [ 編集 ]

コメント有難うございます。ご指摘の点ごもっともと思います。気付きをいただき誠に有難うございました。感謝!

2008.12.19 20:14 URL | 小山貴史 #- [ 編集 ]












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://ecoworks.blog60.fc2.com/tb.php/523-70440fc7