薪ボイラー
薪ボイラー

過日、-4.7℃様のお引渡しが無事に完了いたしました。本当に良いご縁をいただき有り難うございました。私どもの住まい作りの深いご興味をお持ちいただきましたことに心から感謝をいたしております。

-4.7℃という名前はインターネット上のニックネームですが、弊社の掲示板や全国各地のOM会員工務店さんのブログなどへの書き込みや質問などで有名な研究熱心なお客様です。OM関係の出張に行くと、あちこちの工務店さんの社長様から「エコワークスさんのお客様の-4.7℃さんからメールが時々来るよ。お宅は研究熱心なお客様が多いみたいだねぇ~」等とお声がけを何度も頂きました!

この場を借りて、全国のOM会員の皆様にも-4.7℃様の住まいづくりをサポートいただきましたことに御礼を申し上げたく存じます。本当に有り難うございました。

住まいづくりのプロセスで、特に、お客様が研究されたのが写真の薪ボイラーです。床暖房用のOMソーラーに加えて、給湯と補助暖房の熱源として薪ボイラーが設置されました。製品はATO(エーテーオー)というメーカーさんです。

薪ボイラー?と思われる方もいらっしゃるかも知れませんが、地球温暖化対策を背景に、薪ボイラーやペレットボイラー等の木質燃料が見直されています。木質燃料は、木で作られるわけですが、木が生長する時に二酸化炭素を吸収し、燃えるときに二酸化炭素を放出するわけです、プラスマイナス0になることから環境に優しいエネルギー源として、欧州では補助金などにより普及が上向いているとつい最近の勉強会で聞きました。

-4.7℃様のお住まいの地域は、熊本県南の球磨地方で林業が盛んな地域がゆえに、薪を簡単に手に入れることが出来るので、環境配慮の視点で、ガスや電気ではなく、薪というエネルギー源に着目された訳です。(街中ではちょっと難しい面もありますね。)

お住まいいただいて、ご利用のご感想もまた改めてブログで報告させて頂ければと思います。というよりも、おそらく掲示板かブログのコメントで-4.7℃様から書込みがあると思います。楽しみにしております!

末永いお付き合いをどうぞ宜しくお願いします。

こんにちは。ご紹介いただき恐縮です。
1年前はどのようなおうちを建てたらよいのかまったくわからずに寒さに震えていました。
書店でちょっと立ち読みしたチルチン人で新産住拓を知り、その後ネットでエコワークスでOMソーラーを見てこれだと思いました。
スタッフのかたやお会いしたこともない全国のみなさんに教えていただきぜいたくすぎるおうちができました。ほんと夢のようです。

残念ながら?うちでは見学会ありませんでしたがお世話になったかたやこれからおうちを建てられるかたに少しでもお役に立てたらうれしいです。
どうもありがとうございました。

2008.12.23 13:01 URL | -4.7℃ #F6D2hBgc [ 編集 ]

-4.7℃様
コメント有難うございました。お陰様で私どももご縁がひろがり、色々な意味で感謝を申し上げております。今後ともどうぞ宜しくお願いします。

2008.12.23 19:10 URL | 小山貴史 #- [ 編集 ]












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://ecoworks.blog60.fc2.com/tb.php/532-2b757958