太陽電池・燃料電池展入口
黒山の人だかりの受付

視察からは水曜の最終便で帰熊しましたが、その後、木曜金曜が福岡への一泊二日、土曜が福岡へ二度往復、日曜も福岡日帰りというスケジュールでついついブログが滞ってしまいました。

遅ればせながらの視察報告です。

太陽電池展では、シャープ、京セラ、三洋、三菱、サンテックetcのブースに立ち寄りました。技術的には目新しいものは少なかったように感じます。先端技術とはいえ太陽電池の技術そのものは既に成熟期を迎えつつあるように感じます。ということは後は、大量生産による激烈なコストダウン競争が待ち受けているわけです。全世界が猛烈な勢いで、太陽電池の普及に乗り出しています。コスト競争に勝ち抜くべく、国内の産業育成という事を視野にいれ、経済産業省が売電価格2倍という政策を打ち出しましたが、その政策が遅くなった背景には電力会社の長年の反対があったと言われています。アメリカの環境政策が転換したことも経済産業省の政策を後押ししたのでは無いでしょうか?

燃料電池
パナソニック製燃料電池

これが今後普及が見込まれる燃料電池の最新型です。


燃料電池カー
燃料電池カー

燃料電池カーも展示してありました。排気ガスから二酸化炭素を出さない夢のエコカーと言われています。

燃料電池の技術はこれから実用化の緒についたという状況です。

エコワークスとしても提案のメニューに取り入れたいと考えています。

都市ガス用パナソニック製はこちら。

LPガス用エネオス製はこちら。












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://ecoworks.blog60.fc2.com/tb.php/561-e4d8e174