NHKの朝7時のニュースおはよう日本に取り上げていただいたこともあり、朝のチャンネルがNHK固定になりました。

今朝の特集は、地球温暖化。これは見なくてはと思い、じっと座って見ていると、なんとIPCCの予測より温暖化が2倍に加速しており危機的状況であるとのショッキングな特集でした。
 
大事な事なので、ここで概略を紹介します。

***********************************

WWF(世界最大の環境団体のNGO)は、その独自の調査にもとづき、北極圏の氷の融解が加速しており、2100年には、IPCCの海面上昇の最大予想59cmどころか、このままでは1.2mにまで上昇し、世界人口の四分の一が洪水や高潮の重大な影響を受ける、と発表しました。IPCCの発表の基礎データは2005年までのデータだが、この発表は最新の調査結果を反映している。

事実の再認識として、直近30年で北極圏の氷は半分になっており、アメリカの半分くらいの面積の氷が溶けている。

国連事務総長のパンギムン氏は、この夏、北極を視察し現実を目の当たりにし危機感を改めて実感。「恐ろしいことだ。どうにかしなければ。我々は人類や地球の未来に対して同義的、社会的責任がある。」とのインタビューコメント。今年開催されるCOP15の前に、国連で現状報告と世界の取り組みを訴える予定とのこと。

**********************************

一方で、昨日のニュースですが、経団連は民主党に対して、地球温暖化対策をマニュフェストより手控えるように要望しました。

ヤフーニュースはこちら。

あまりに時代認識のずれに驚きを隠せません・・・

皆さんはどのように感じられますでしょうか?

エコワークスは、科学的事実を見据え、パンギムン事務総長のコメントにあるように、「人類の未来に対しての同義的な責任」を微力ながら果たしながら、かつ「民間企業としての事業存続の責任」に挑戦したいと考えています。












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://ecoworks.blog60.fc2.com/tb.php/659-c991ca67