ちょっと間が空きました。

この一週間、6泊7日で福岡の新店の支援で出向いておりました。お陰様で、モデルハウスも見学会もご来場が多く、皆様からテレビのニュースや新聞記事を見たよとお声がけ頂きます。

エコワークスの取り組みに関心をお寄せいただき有り難く思います。

また、お打合せの方も早速数件のプラン申込をいただいております。ご期待を超えるような提案にチャレンジしますのでスタッフともども宜しくお願いします。

さて、本題です。

皆さんご承知の通り、民主党政権に交替し、鳩山総理が国連で1990年比25%削減を2020年の中期目標とする旨を発表しました。政権が変われば、こうも変わるんだと感慨深いです。

自民党の総裁選に立候補した3人の方も決して真っ向からはこの25%を否定されておらず、河野氏にいたっては絶賛されているとのこと。

本当に今回の選挙が日本の歴史の大転換点だったことがうかがい知れます。

また国連での鳩山総理のスピーチに対しては、欧州などの温暖化対策に意欲的な国々から絶賛のコメントが寄せられています。

日本の総理のスピーチが世界の舞台において評価されることなど今まで無かったと思いますが、今回は新しい時代の幕開けを予感させます。

これまで日本はエコノミックアニマルと揶揄され、思想文化において決して世界的に評価されてきたとは言えませんが、史上初めて世界から思想文化においてリーダーシップを発揮するチャンスが巡ってきたと言えます。

日本は省エネ技術の分野において圧倒的に世界をリードしていますので、経済面でも大きなプラスに転換出来ます。

世界の地球温暖化対策は、日本が思想的にも技術的にも社会制度的にも牽引するという時代が私たち現代日本人の役割だと心底思っています。

未来の日本の子供達が海外旅行をした時に、外国人から「あなた達日本人のお陰で温暖化が止まって人類が救われたんだよね。有り難うございます。」と言われるように。エコワークスは微力ながら取り組みをさらに深めたいと思います。

皆さんはどう思われますか?

※デジカメを紛失してしまいました・・・暫く、写真無しでお付き合い頂ければ幸いです。












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://ecoworks.blog60.fc2.com/tb.php/670-91ffc63f