FC2ブログ


九経連
九州経済連合会の発表会にて(博多、11/27)

前回に引き続き、発表会の報告です。

先週、福岡で開催された九州経済連合会の環境部会と九州経済産業局所感のK-RIPが共催する環境ビジネス交流会からプレゼンテーションの招聘があり、九州地域自立循環型住宅「ハイブリッドエコハウス」について紹介させていただきました。

九州経済連合会は、日本経済団体連合会(通称:経団連)の九州版の団体です。会員は、九州電力を筆頭に九州財界の主要企業で構成されています。

そういう経済的に影響のある団体の環境部会にて発表をさせていただけることとなり、大変に有難いことでしたが、住宅における省CO2の必要性と業界実情などをお話させていただきました。

業界全般に対して大局的な視点で一番思うのは、本年6月から住宅省エネラベルが新法にて施行されているのですが、義務化の対象がごく一部の企業のために、対象外の企業は殆ど住宅省エネラベルの表示を実施していないということです。住宅業界の社会的責任として、全ての住宅事業者が自主的に表示を始めるべきだと思うのです。

住宅省エネラベルの表示によって、新築予定者の省エネに対する検討がより客観性を増し、比較もしやすくなるわけです。エコワークスでは、表示が広まるように九州ではいち早く表示(見学会物件及び施主希望物件は全棟)を開始しています。

これから住まいづくりをされる皆様の参考にしていただければ幸いです。












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://ecoworks.blog60.fc2.com/tb.php/698-62a8d37c