resize0962.jpg
国土交通省の木造住宅振興室長越海さんによる説明

出張報告の続きです。

先週の長期出張では、連日、説明会や会議などに参加し、今年一年を占う住宅政策や業界動向についての勉強です。

目玉は、なんと言っても木造住宅振興室長の越海さんの話です。

過去の行政において木造住宅振興策は余り目だった政策は無かったのですが、昨年成立した長期優良住宅新法において木造住宅振興が地球温暖化対策に直結すると法律で位置付けられて以来、木造を建築される方への追い風が吹いています。

具体的には様々な補助金制度です。エコカーに対する補助金以上に、木造住宅それも、地域の木材を使って地域の工務店で作る木造住宅を振興していこうという政策です。お客様には決定次第随時ご案内をして参ります。

エコワークスは、政策対応(補助金対応)の家づくりにも万全の体制を整えておりまして、お客様にとってメリットの大きい補助金制度は殆ど全てに対応しています。

なお、200万円の補助金が交付される長期優良住宅先導的モデル事業の平成21年度第二回(下半期)分は早期に満枠となりましたのでご了承下さい。その他の補助金では、現時点では福岡地区での住宅・建築物省CO2推進モデル事業の枠が数棟の残枠がございます。ご興味のある方は早めに担当のハウジングアドバイザーにご相談下さい。

resize0961.jpg
全建連JBN環境委員会

本環境委員会では副委員長を拝命しています。今回の委員会のメインテーマは自立循環型住宅の蒸暑地域版(宮崎や鹿児島などのⅤ地域版)の勉強会でした。

実は福岡や熊本の一部も蒸暑地と区分けされている地域もあり、温暖地域と言われるⅣ地域とは、住まいづくりのあり方が大きく変わってきます。

具体的には、夏の日射遮蔽や通風の重要性が大きくなるというわけです。

エコワークスでは、これらの考え方をプラン提案に積極的に反映させて行きます。

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2010.01.18 20:12  | # [ 編集 ]

長期出張ご苦労様でござる。
表記事業での一戸建てへの推進もさる事ながら、農林水産省の推進する国産材の公共工事への活用推進も目が離せませぬのぅ。
おっしゃるように木造住宅への追い風は感じまするぞ。
わしが頻繁に登場しておる「e戸建て」でもお客様達の反応レスは半端ではない。最近はわしの偽者まで登場して、頭が痛いのじゃがの。
そうそう、一度「足長坊主」でググってみられたらよろし。トップは本家本元の信玄公でござるが、二位以下はわしのレスがかなり上位独占ゆえ、驚きますがの。それだけお客様も木造住宅に関心を持たれておるんじゃろのぅ。

2010.01.19 11:28 URL | 足長坊主 #t5k9YYEY [ 編集 ]












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://ecoworks.blog60.fc2.com/tb.php/718-85d3a57b