昨日のブログでご紹介したテレビのナレーションの中で「・・・LED照明は、(交流を直流に変換する)専用の装置を設置する必要があるなど未だ課題はありますが・・・」との説明がなされていますが、これはテレビ局側の事実誤認のナレーションです。

ブログを読まれた方からメールで問い合わせがありましたのでご説明いたします。

確かに、LEDは最終的には直流にてダイオードを発光させていますが、電球型LEDなど一般に市販されているLED照明は、照明器具内に変換の機能が組み込まれていますので、一般の交流の照明器具に使用する事が出来ますので、ご安心ください。

要は、電気店で売られているLED照明は、各ご家庭で普通に使用出来ます。

実は、この直流というキーワードは、電機業界に革命を起こす可能性があると言われています。

ご承知の通り、太陽電池も、LEDも直流、掃除機や換気扇等のファンのモーターも直流で動きますし、パソコン等の電子回路のCPUも直流で演算処理しています。

要は、交流で届いた電気を電子機器内で直流に変換して利用しているのが殆どで、宅内の配線を全て直流化して、電力消費効率を高めることが研究されています。

具体的には次のような動きです。

日経ビジネスオンライン記事

パナソニックのニュースリリース

今日お伝えしたいのは、こういう流れもある一方で、LEDは確実に普及が進みますので、それを前提にした照明計画を検討されることをお勧めしたいと言う事です。(くどくて恐縮ですがLEDの欠点を建築的技術でクリアする必要がございますのでLEDに詳しい設計士またはインテリアコーディネーターに相談されることをお勧めします。ちなみに、パナソニック電工さん担当者によれば、弊社スタッフは九州で一番詳しいとのことでした。)

エコジャパン記事

LEDは未だ早過ぎるとか照度か課題とか言われる建築関係者もいらっしゃいますが、情報不足がゆえのミスジャッジだと思いますので、お客様自身でも情報収集されることをお勧めします。(私どもが半年前にLED照明の提案を始めたころは、パナソニック電工の担当者ですら未だ早過ぎますよと消極的だったくらいですから・・・今はそんなことは無く大変協力的にお世話になっており感謝しています。)

時代の潮流は常に私たちの予想を上回る速度で流れています。

ちょっと近未来的な話ですが、ご参考まで。












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://ecoworks.blog60.fc2.com/tb.php/722-b851fff4