LCCM住宅
LCCM住宅を概説する東京大学清家准教授

今週はOM本部の会議の合間に、IBEC主催の第28回建築環境・省エネルギーフォーラムを聴講してきました。

テーマは「加速される建築分野の低炭素化―取り組みの最新動向―」です。

聴講後に思ったのですが、この”加速”というのがキーワードでした。

建築研究所理事長の村上先生を筆頭に、国土交通省や東京大学など政策立案に携わっておられる方が次々に今後の施策を発表され、大変チャレンジブルな内容に感銘を受けました。

昨年末、デンマークで開催されたCOP15で、民主党が2020年25%削減ビジョンを世界に発表して以来、急速に住宅・建築分野でどうするかという検討が進んで”加速”しているようです。

調べてみたところ、既に今年に入って3回の検討会が開催されています。

具体的内容は環境省のHPはこちら、をご参照ください。特に住宅・建築物WGの部分を見て下さい。興味のある方は必読です。

フォーラムで講演された国土交通省の方からは、「長期優良住宅や省CO2推進等のモデル事業による補助、住宅版エコポイントによる補助、次世代省エネ基準の規制強化、事業主基準(総合省エネ基準)の一部義務化など、積極的に地球温暖化対策に取り組んできましたが、それだけでは25%達成にはまだまだ不十分で、さらに住宅・建築物の低炭素化の取組みを進めていく。」ということでした。

そして、新しい施策としての目玉が次の通りです。

①CASBEE(住宅・建築物の環境総合性能評価システム)を低炭素強化版として進化させて実務に普及させる。

②住宅分野はLCCM(ライフサイクルカーボンマイナス)住宅の研究開発を進め、普及に向けての取組みを始める。

 →すでにLCCM住宅のモデルハウスの建築も始まっているようで、その概要について講演で教えて頂きました。講演終了後に清家先生にパワポのデータを勉強の為に下さいとお願いしに楽屋裏を訪ねたところ、未だ許可をとってないので出せないとのことでした。講演中にデジカメで撮影しましたので特に必要な方(身内のみ)はご連絡下さい。

社会は、私たちの予想以上に、住宅のライフサイクルにおける低炭素化が加速していくことを実感したフォーラムでした。

余談ですが、LCCM住宅という単語でヤフー検索すると・・・

ということは、LCCMの視点で住まいづくりに取り組んでいる会社はまだ全国でも僅かのようです。

未来の為に、エコワークスの存在価値を発揮したいと念じています。

※LCCM(ライフサイクルカーボンマイナス)住宅についての過去のブログはこちら。

IBEC講演会
ほぼ満席の会場

了解しました。投稿有り難うございます。

2010.02.28 22:34 URL | 小山貴史 #- [ 編集 ]












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://ecoworks.blog60.fc2.com/tb.php/734-b94ec256