resize1149.jpg
11/29にオープンした福岡オフィス(福岡市博多区)

国土交通省から平成22年度第二回の住宅・建築物省CO2先導事業の採択結果が本日発表されました。

国土交通省の報道資料HPは、こちら。

お陰様でエコワークスの提案も採択いただきました。m(__)m

本当に有り難いことです。

同事業の概要は次の通りです。建築研究所のHPから引用して紹介します。

「家庭部門・業務部門のCO2排出量が増加傾向にある中、住宅・建築物における省CO2対策を強力に推進し、住宅・建築物の市場価値を高めるとともに、居住・生産環境の向上を図るため、省CO2の実現性に優れたリーディングプロジェクトとなる住宅・建築プロジェクトを公募によって募り、予算の範囲内において、整備費等の一部を補助し支援します。」

昨年、弊社は同事業の工務店部門において採択を受け、長期優良住宅先導事業と合わせて九州唯一のダブル採択という評価をいただきましたが、今年は、工務店部門が廃止され、大手メーカーを含む部門においてライフサイクルカーボンマイナス住宅が始めてテーマとなった先導事業の公募でした。

応募総数は42件(戸建住宅は20件)。このうち14件が採択され、戸建住宅分野では、住友林業さん、三洋ホームズさん、エコワークスの3社が採択されました。ちなみに今年度第一回では戸建住宅では採択企業が無かったので、今年度の採択企業は第二回の3社のみという狭き門となりました。

他の応募企業は未公表につき不明ですが、大手住宅メーカーは殆ど応募されていると思いますので、その中での採択には大きな価値があるとこれまでお導き頂いた全ての皆様に感謝しています。

エコワークスの提案概要は次の通りです。

1)CASBEE戸建-新築ライフサイクルCO2をマイナスにする緑☆☆☆☆☆評価。

2)住宅のライフサイクルにおける先導的な取組み。

 ①建設時の排出CO2削減

     ・天然乾燥木材(生産量は新産グループが日本一)
     ・天然乾燥いぐさ(事業化は全国初)
     ・ウッドマイレージ(木材輸送距離)縮減
     ・高リサイクル率のアルミサッシ(全国唯一)
     ・基礎形状合理化によるコンクリート使用量削減
     ・セルロースファイバー断熱材

 ②居住時の排出CO2削減

   ア)ハイブリッドエコハウスの環境技術
     ・総合省エネ基準達成率は太陽光発電を除いて140%以上
     ・太陽エネルギー活用の極大化(光と熱)、太陽光発電は8~9kw前後搭載。
     ・地冷熱利用による冷房負荷軽減
     ・建築事業主基準区分(オ)相当の高断熱Q値1.9以下
     ・気候風土に配慮したきめ細かい日射遮蔽と通風計画
     ・高効率給湯器又は太陽熱利用給湯器
     ・高効率照明器具(LED等)
     ・節水型設備機器
     ・トップランナー家電
     ・電気自動車充電用コンセント
 
   イ)エネルギーの見える化
     ・高機能省エネナビ
     (余剰電力の電力会社への販売のみならず使用電力量のグリーン電力としての販売も可能)

   ウ)低炭素ライフスタイルの普及
     ・「暮らしのエコアドバイザー(環境省事業の環境コンシェルジュ)」による継続的な省エネアドバイス
       →エコワークスは暮らしのエコアドバイザー(ボランティア)を3人有しています。(全国初)
     ・過多なエネルギー消費家庭に対するグリーン電力購入のディスインセンティブ義務化(全国初)

本事業はその提案の先導的な工事費の1/2が国庫より補助されます。(別途手続き経費等も要しますがお客様にとってはかなりの経済的メリットとなります。)

貴重な税金を使わせていただくわけで身が引き締まる思いです。

採択された私たちの事業が住宅業界の省CO2化に対する取組みに一石を投じることになれば幸いに存じます。

詳しくは担当のハウジングアドバイザーからご提案申し上げますのでお客様におかれては是非ご検討頂ければ幸いです。

※写真は11/29にオープンしたエコワークスの福岡オフィス(福岡市博多区)の外観です。
 一階が事務所で、二階がショールーム(お客様打合せ用)です。どうぞお気軽にお立ち寄りください。












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://ecoworks.blog60.fc2.com/tb.php/817-f77f681c