新聞報道でご存知の方もいらっしゃると思いますが、トステムだけでなく全ての大手サッシメーカーの防火戸が必要とされる性能を満たしていないことが判明しました。(防火地域や準防火地域など都市部の住宅密集地等の一部において必要とされる防火性能が満たないということで一般の住宅地では関係はありません)

消費者感覚からするとあり得ない話ですが、現実の話です・・・

エコワークスのサッシはほぼ全てトステムですので問題となる邸名は既に判明していて順次メーカーにて対応中ではありますが、それにしても他のメーカーでも同じだったとは開いた口がふさがりません・・・

他にも類似の問題は内在していないのかどうか?

今回の事例を他山の石とし、私たちの仕事の足元を見つめなおさなければなりません。

ネットニュースを引用して紹介します↓↓↓

<被害3万棟超、複合防火戸の主要製品すべて違反>

アルミ樹脂複合サッシの防火戸仕様で大臣認定違反が相次ぎ見つかった問題で国土交通省は3月9日、YKK AP、新日軽、不二サッシが販売していた製品も規定性能に達していなかったと発表した。既に違反が確認されていた三協立山アルミとトステムを加えて、複合サッシの主要メーカー品すべてが認定違反だったことが確認された。この問題で建築基準法違反となる建物は合計3万棟を超える。












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://ecoworks.blog60.fc2.com/tb.php/839-1d4bc079