eco_oyamataka

低炭素社会のあるべき姿とは?産業界の過度な節電、省エネは経済の停滞を招いてしまう。一方住宅の省エネは省エネ機器への買換えや新築時の高断熱化や太陽エネルギー利用機器の購入を促進しマクロ経済的にも一石二鳥。その着眼と提唱と実践に取り組む野池氏の慧眼に敬服すると同時にエールを送りたい。
05-24 10:25












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://ecoworks.blog60.fc2.com/tb.php/861-2cd30d68