20130228NO1.jpg
東京ビッグサイトで開催されているエコハウスEXPOに来ています。

写真は基調講演のトップバッターの国際エネルギー機関(IEA)の方です。「子どもたちに持続可能な社会を残さねばならない。そのためにエネルギー効率の原単位の改善、気候変動リスクへの対応、低炭素技術の追求が必要」とのメッセージでした。

... 二番目は米国エネルギー省の方でした。「クリーンエネルギー普及のメリットとして、経済成長と雇用、エネルギー安全保障、国富流出阻止、気候変動リスクへの対応などについて言及されました。太陽光発電の設置コストは1kwあたり$2,790(約30万円)まで下がっており、さらに目標として$1,000(約10万円)」との事で、グリッドパリティが明確に見えているようです。

最後に登壇されたのは資源エネルギー庁省エネルギー新エネルギーの新原部長です。自分の話は経産省の標準的な考え方では無いと前置きされたうえで、官僚らしからぬ私見を交えた話しに思わず身を乗り出して聴講しました。

「オイルショックを省エネ化の推進で乗り越えた日本は3.11後のエネルギー危機を乗り越えなければならない。そのためには、哲学的な理想論だけでなく現場が実際に変われる事が大事である。具体的にはスマートグリッド、スマートメーター、HEMSといった技術を普及しピークカットとエネルギーマネジメントを社会全体として実現できるかどうか、壮大な挑戦が必要」との事でした。

オイルショックの時の混乱は私は記憶がありませんが、当時も省エネ法の制定など相当な社会制度の改革がなされました。

今回の危機も日本人全員の知恵と努力を結集して乗り切らねばならないと改めて感じました。












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://ecoworks.blog60.fc2.com/tb.php/904-7e600b45