20100201_20130321152357.jpg
今日は東京晴海の建築研究開発コンソーシアムに来ています。

LCCM住宅とはライフサイクルカーボンマイナス住宅の略で、国の住宅にかかる省エネ施策においてゼロエネルキー住宅の次の目標として研究が進められています。

... 標題の交流会は私は会員では無かったのですが、LCCM住宅について発表するよう依頼があり、他の七社と共に発表させていただきました。

参加者リストを見ると、建築研究所、積水ハウス、セキスイハイム、旭化成ホームズ、東京ガス、大阪ガス、関電、住友林業、大和ハウス、東急建設、パナホーム、ポラス、パナホーム、ミサワホーム、トヨタホーム、板硝子協会、FPコーポレーションという大手の皆さんばかりです。

発表の殆どは居住時の省CO2化を目的としたスマートハウス的な内容でしたが、私どもは循環型社会形成を目指すという視点で特に建築時の省CO2化について独自の取組みを発表しました。

地域に根ざす工務店として大手さんとは違った私どもなりの役割を果たして行きたいと考えています。












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://ecoworks.blog60.fc2.com/tb.php/922-e5acd7d7