FC2ブログ


本日は47歳の誕生日でした。多くの方からお祝いのメッセージをいただき誠に有難うございました。心より御礼を申し上げます。友達の皆さんの投稿に「Facebookを始めて良かった事として、誕生日に色々な方からお祝いの言葉をもらって非常に嬉しかった。こんなに沢山の方からメッセージをいただいたのは生まれて初めてでさらに嬉しかった。」との投稿を時折読ませていただきましたが私の番が回ってきました。素直に嬉しいものですね。本来であればお一人づつ返礼...のお返事を申し上げるべきところですが誠に申し訳ありません。ウォールでのお礼にかえさせていただくことをお許しください。
さて、誕生日に思うことを記します。私の平均余命は34年です。12,410回目覚めたら永遠に目覚めない朝が来ます。その時間でどれだけのことが出来るのでしょうか?月並みですが、一度きりの人生なので精一杯ポジティブに利他の心で生きたいと思います。(そういえば、この前子供から世の中のためもいいけれど家族のためも考えてくれと言われてへこみました!その点は力不足で猛省です。m(_ _)m)
さて、ブータン国王が来日され話題になっています。TVで放映された国王のスピーチを部分的に聞いて是非全文を知りたいと思い、ネットで検索してみたところ発見しましたので紹介します。素晴らしい内容で心に響きます。
全文はこちら。http://getnews.jp/archives/152497
ブータンが掲げる国民総幸福量の国家ビジョンについては10年くらい前にハウスジーメンの鵜沢さんから教えていただき興味を持っていました。ブータンでは1970年代からこのコンセプトで国家運営がなされています。そして世界中で経済が破綻し行き詰まる中で、ブータンの国民総幸福量の概念が世界から注目されています。ローマクラブが「成長の限界」を発表し世界に警鐘を鳴らしたのも1970年代です。当時の日本は右肩上がりの成長が続き、物質的豊かさを目指すことに懸命な時代でしたね。私も小学生ながら空気感を覚えています。あれから40年の月日が立ち、本当に時代が変わりました。国民総生産から国民総幸福量へ。日本もブータンのように国家の価値観を進化させるべき時代に直面していると感じます。
私たちエコワークスはお客様と未来の低炭素社会の総幸福量の極大化を目指し、微力ながら真摯に取り組んでいきます。今後ともご指導ご鞭撻を頂戴できれば幸いです。

外務省: ブータン〜国民総幸福量(GNH)を尊重する国
www.mofa.go.jp












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://ecoworks.blog60.fc2.com/tb.php/998-8907186d